筑後のオリジナル雑貨ショップ「てづくりや」
てづくりや

2012年11月21日

「はしょる」~江戸しぐさ~

icon63語源はハシオル(端折)…ものごとを省いたり、短く縮める。
省略したり、簡単にすること。
もともとは着物の裾を持ち上げて、帯にはさむの意が転じています。



卒業式時の、卒業証書授与の様子を例にしてみましたface01

最初の一人は、最初から最後まで卒業証書を読み上げ

られますが、次の人からは名前のあとを、「以下同文」

と、省略されます。 本来、ちゃんとやるべきですが、

時に応じて、はしょることを認めたのは江戸の寛容さと

臨機応変の哲学を示すものicon97

一を聞いて十を知る意味にも用いられますface02

~参考文献・越川禮子著「江戸の繁盛しぐさ」~

icon99江戸しぐさ語りべ 越川禮子先生のご本を参考に描かせて頂いていますicon99

icon114感謝icon114

江崎真理子・FACE BOOK


  


Posted by てづくりや at 23:18Comments(0)江戸しぐさ絵本

2012年11月12日

「八度の契り」~江戸しぐさ~



たとえ一目惚れface05した相手でも、

八回の困難な約束を果たした後で、

初めて本名を名残り合うicon67江戸人。

人と人の関係は、たいへんはかないものだから

慎重に付き合ったほうが良い…といいます。

名前にしてもそんなに安易に名乗ったら、

あとで災難が及びかねないicon10という戒め。

現代でいえば、やたらに名刺を配るのもどうか・・・

icon99江戸しぐさ語りべ 越川禮子先生のご本を参考に描かせて頂いていますicon99
(参考文献・「江戸の繁盛しぐさ」)
icon114感謝icon114

江崎真理子・FACE BOOK



  


Posted by てづくりや at 21:33Comments(0)江戸しぐさ絵本

2012年10月23日

「むくどり」~江戸しぐさ~

~~むくどり~~

「椋鳥」…と書きます。 むくどりは、どこからともなく群れをなして

飛んで来てエサをついばみ、それがなくなると、また群れをなして

飛んでいくところにちなんでいるそうです。



物の言い方(会話のエチケット)を知らない人を指した。

江戸では、むくどりの言葉は世の中をトゲトゲしくする!

と言って忌み嫌った。むくどりは「人間より金や物」を

大事にするので、江戸っ子の発想とは違い、受け入れ

られなかった。方言などを気にする前にまず考え方を

変えることが先決だった。生態学的にもむくどりの

集団発生は、嫌われているのだそうですicon59


icon99江戸しぐさ語りべ 越川禮子先生のご本を参考に描かせて頂いていますicon99

icon114感謝icon114

江崎真理子・FACE BOOK



  


Posted by てづくりや at 23:06Comments(0)江戸しぐさ絵本

2012年08月29日

「『少々』『ごろ』では曖昧~江戸しぐさ~



人との約束ごとには、曖昧な言い方をしないのが礼儀でしたface01

現在はよく、「少々お待ちください」

「X時ごろ伺います」などと言いますが、

江戸っ子は、はっきりicon59

「X分」・・「X時」と示しましたicon194

しかし信用していない相手には、あえて

「ごろ」を使うこともicon23

相手によって使い分ける柔軟さがありましたface02

icon99江戸しぐさ語りべ 越川禮子先生のご本を参考に描かせて頂いていますicon99

icon114感謝icon114

江崎真理子・FACE BOOK



  


Posted by てづくりや at 23:57Comments(0)江戸しぐさ絵本

2012年08月28日

「『わからない』と言わない」~江戸しぐさ~



「わからない」は、稚児のみに許された言葉でしたicon67

江戸商人は、わからないのは自分が不勉強だからで、

わからないことがあったら、知ったかぶりface06をせずに

「お尋ねします」と、尋ねていましたicon194


icon99江戸しぐさ語りべ 越川禮子先生のご本を参考に描かせて頂いていますicon99

icon114感謝icon114

江崎真理子・FACE BOOK


  


Posted by てづくりや at 22:29Comments(0)江戸しぐさ絵本

2012年08月27日

「『どちらへ』と聞かない」~江戸しぐさ~



江戸では個々のプライバシーを、とても大切にしましたface06

だから、人の行き先を聞くのは失礼なことだったのですicon22

隣人が出かけるのを見かけたら・・・

「お出かけ?」と声をかけたあと、すぐに

「でございますか。お気をつけて」と続けるのがスマートicon97


プライバシーをとくに気にする現代人にも

ぜひ真似してほしいicon67しぐさですね~face02


icon99江戸しぐさ語りべ 越川禮子先生のご本を参考に描かせて頂いていますicon99

icon114感謝icon114

江崎真理子・FACE BOOK


  


Posted by てづくりや at 21:40Comments(0)江戸しぐさ絵本

2012年08月22日

「階段では昇っていく人が譲る」~江戸しぐさ~



階段でのすれ違いは・・・

昇っていく人が立ち止まり、

下りてきた人と同じ高さに並んだところで

会釈して行き交いますface02

相手が立ち止まって待ってくれたのですから

下りてきた人には・・・

icon97ありがとうございますicon97

の気持ちがなければいけませんねicon194


icon99江戸しぐさ語りべ 越川禮子先生のご本を参考に描かせて頂いていますicon99

icon114感謝icon114

江崎真理子・FACE BOOK


  


Posted by てづくりや at 22:37Comments(0)江戸しぐさ絵本

2012年08月21日

「もったい大事しぐさ」~江戸しぐさ~



江戸の町には、エコロジーの思想が行き渡っていたそうですicon12

一枚の浴衣も、古くなれば赤ちゃんのオムツにicon67

さらに古くなれば雑巾にicon59

徹底して使い込んだといいますicon194



夏の夕の打ち水icon11も、近隣で一斉に行って

効果的に”涼”を取ったそうです・・・face01

貴重な水資源を大切に分け合う、

icon97共生の精神icon97が、生かされている。



現代も、エコ〇〇とか、エコライフを投げかけられていますが、

昔々の江戸の世で、すでに行き渡っていたことに

驚きと共に、深く感動をいたしましたicon12


icon99江戸しぐさ語りべ 越川禮子先生のご本を参考に描かせて頂いていますicon99

icon114感謝icon114

江崎真理子・FACE BOOK


  


Posted by てづくりや at 18:34Comments(0)江戸しぐさ絵本

2012年08月20日

「見越しのしぐさ」~江戸しぐさ~



先を読むこと。

一人前の大人は、常にアンテナを立てicon12

ひと足先を考えて、行動するものでしたface01


江戸商人は最低、先盆までの見通しを

立てなければ資格がないicon59と言われました。


「まさかicon67こんなことになろうとは・・・icon10

という言い訳は通用しなかったそうですface06


icon99江戸しぐさ語りべ 越川禮子先生のご本を参考に描かせて頂いていますicon99

icon114感謝icon114

江崎真理子・FACE BOOK


  


Posted by てづくりや at 22:21Comments(0)江戸しぐさ絵本

2012年08月15日

「駕籠止めしぐさ」~江戸しぐさ~




 地方から江戸へ出て来て一生懸命働き、ひと財産をなすことは

当時の人々の大きな夢だったようですface01

しかし、江戸で成功し、駕籠(かご)に乗れるような身分になっても、

思い上がってはいけないのですicon59

「実るほど、頭(こうべ)を垂れる稲穂かな」ということわざもありますが、

駕籠にふんぞり返って目的の店などに乗り付けることは、

はしたないこととされましたicon23 少し手前で駕籠を降り、

あたかも徒歩で来たようなそぶりで店や他家を訪れたのでしょうねface06



 この「駕籠とめしぐさ」は、icon12豊かさをひけらかさない思いやりの心icon12です。

威張ることは嫌われていましたし、謙虚さやつつましさこそ、

スムーズな人間関係を築くコツだったのかも知れません。

 

icon99江戸しぐさ語りべ 越川禮子先生のご本を参考に描かせて頂いていますicon99

icon114感謝icon114

江崎真理子・FACE BOOK



  


Posted by てづくりや at 22:11Comments(0)江戸しぐさ絵本

2012年08月14日

「江戸の歴史は十当、人の気持ちも十当」~江戸しぐさ~



人は十人十色だから、一人ひとりに合った対応が必要です。

臨機応変に、ケース・バイ・ケースicon67で手段を講じなさいicon23

ということです。 将軍吉宗は、icon12江戸には六十万の江戸があるicon12

と言ったそうですface01  その頃、江戸の人口は六十万人、 

人の数だけ違う考え方があることを見通していたのですicon59


icon99江戸しぐさ語りべ 越川禮子先生のご本を参考に描かせて頂いていますicon99

icon114感謝icon114

江崎真理子・FACE BOOK

  


Posted by てづくりや at 21:36Comments(0)江戸しぐさ絵本

2012年08月13日

「ゆかしい」~江戸しぐさ~



~日本女性なら、いつまでも奥ゆかしさをもっていたいですね…~



江戸時代、icon12美しい女icon12の第一条件は、

生まれつきの見た目形だけでなく、後天的に

自分の努力で身につけた、「ゆかしい」

雰囲気をもっていることでしたface01



「ゆかしい」は、知性に裏づけされた魅力ある

品性を表現した言葉で、なつかしい、慕わしい、

心惹かれる様子…という意味がありますicon22



美人でも目立つことは避け、それがかえって

「奥ゆかしい」魅力icon12になりましたface05

電車の中で、平気で化粧をしている現代の

女性たちに、見習ってもらいたいですface06

icon114感謝icon114

江崎真理子・FACE BOOK






  


Posted by てづくりや at 19:55Comments(0)江戸しぐさ絵本

2012年08月08日

「お愛想目つき」と「おあいにく目つき」~江戸しぐさ~


~~江戸の商人は、目で相手の心に語りかけましたicon97~~



【お愛想目つき】

買い物に来たお客様へのお礼は、言葉だけでなく、

目つきにも感謝の気持ちを込めます。目は口ほどに

ものを言い…ですねicon194 目を見ればその人が自分に

好意的か、そうでないか、分かるものです。

そうすればお客様も来て下さるし、人も寄って来て下さいますface02


【おあいにく目つき】

目指す商品がない客様へ、言葉だけでなく…

「ご用意していなくて、あいすみません」というお詫びを

態度と同時に目つきに表しますicon12 そうすれば相手も

「まあ、いいか、今日は…」と、納得してもらえるものですicon194


icon99江戸しぐさ語りべ 越川禮子先生のご本を参考に描かせて頂いていますicon99

icon114感謝icon114

江崎真理子・FACE BOOK

  


Posted by てづくりや at 22:10Comments(0)江戸しぐさ絵本

2012年08月07日

「人のしぐさを見て決めよ」~江戸しぐさ~



就職や結婚など、人生の重大な選択をするとき、

相手のしぐさを見て決めよicon59という戒めicon23


会社を選ぶ際は、規模や条件よりも、そこで働く人の

しぐさを見たほうが良し悪しがわかりますface01

結婚も同じで、いくら条件の良い相手icon102を探しても

しぐさが合わなければ、「性格の不一致」で

離婚するケースが少なくありませんface06


icon99江戸しぐさ語りべ 越川禮子先生のご本を参考に描かせて頂いていますicon99

icon114感謝icon114

江崎真理子・FACE BOOK
  


Posted by てづくりや at 23:00Comments(0)江戸しぐさ絵本

2012年08月06日

「この世に要らぬ人間なし」~江戸しぐさ~



会社でも、地域社会でも、その人の個性にあった

場所、役割があります。  異文化のるつぼだった

江戸の町では、その人その人の得手不得手をよく見極めicon12

適材適所で人を活かす努力がなされていましたicon22



現代の会社の人事でも同じで、能力を発揮できない社員に

すぐ失格だ!と決め付けるのではなく、Aの部署でだめなら

B、BでなければCと、とことんその人材を活かす場所を

探したいものですface02

題名の通り・・・icon12この世に要らぬ人間なしicon12なのですicon59


icon99江戸しぐさ語りべ 越川禮子先生のご本を参考に描かせて頂いていますicon99

icon114感謝icon114

江崎真理子・FACE BOOK
  


Posted by てづくりや at 22:05Comments(0)江戸しぐさ絵本

2012年08月01日

「です」と「ようです」~江戸しぐさ~

~~江戸しぐさの”言葉使い編”です~~



「です・でした」は、自分が体験したことだけicon67

聞いたり、調べたことは、「ようです・そうでした」と、

言わなければなりませんicon67

人の言葉を自分の意見のように述べるのは、恥icon101でした。




※江戸の言葉はとても丁寧で、「です」でも江戸では「乱暴語」icon59

「で、ございましたそうでございます」と言うのが江戸の町衆の日常語icon12

昭和十年ごろまで、この”言葉に対する感覚”が残っていたといいますface06


icon99江戸しぐさ語りべ 越川禮子先生のご本を参考に描かせて頂いていますicon99

icon114感謝icon114

江崎真理子・FACE BOOK
  


Posted by てづくりや at 22:48Comments(0)江戸しぐさ絵本

2012年07月31日

「へ」と「に」を使い分ける~江戸しぐさ~



最近は、言葉の乱れが目立ちますが、

江戸では、助詞の一字まで正しく使い分けていましたface01

「行く」…につく助詞に、「へ」と「に」がありますが、

「~へ」の場合は、方向をicon67

「~に」の場合は、場所を示しますicon67

通学は、”学校に”と言わなければなりませんicon12

遊びに行く時は、”学校へ”となりますicon12

子供が「学校に行ってきます。」と言えば・・・

親は、「頑張って勉強しておいで」と言いますが、

「学校へ行ってきます。」と言えば・・・

「へぇ~、何しに行くの?」と、親の言い方も変わってきますicon194

icon99江戸しぐさ語りべ 越川禮子先生のご本を参考に描かせて頂いていますicon99

icon114感謝icon114

江崎真理子・FACE BOOK


  


Posted by てづくりや at 22:36Comments(0)江戸しぐさ絵本

2012年07月30日

「束の間つき合い」~江戸しぐさ~

世の中が どう変わろうと・・・

人口が いかに増えようと・・・

同じ環境の中に 暮らし合っているのだから

見知らぬ人と たまたま道で 

袖を すり合わせるのも 前世からの 縁。

icon12そう考えて お互いに譲り合い思いやれば・・・

穏やかに 気持ちよく暮らせるはず! なのですicon12



人は皆、仏の化身icon67と考えていた江戸では、

道で出会った人や、渡し舟に乗り合わせた、見知らぬ人とも

軽くなごやかに挨拶を交わしていましたface02

現代では、長時間乗る新幹線icon146の隣席でも

挨拶をしないことが普通になってしまいましたが、

一言挨拶するか、会釈し合うだけでお互いが気持ちよく過ごせますねicon102

icon114感謝icon114

江崎真理子・FACE BOOK
  


Posted by てづくりや at 21:59Comments(0)江戸しぐさ絵本

2012年07月25日

「子育てしぐさ」より”十五理”~江戸しぐさ~

icon12三つ心、六つ躾、九つことば、十二文、十五理で、末決まるicon12



十五歳になると、道理が理解できるようになりますface01

経済・物理・化学・心理学などを、暗記でなく、

実際に理解できるのが、十五歳なのでした。


この年齢で、その子の行く末が判りますicon12

商人にふさわしい子もいるし、

抜群に理に聡く学者の道に進む子もいたのです。

真の個性を尊重して、子供の能力を洞察し、将来を見抜き、

適材適所に振り分けていくのが、寺子屋の師匠や

江戸講の講師の務めであり能力だったそうですicon194

icon99江戸しぐさ語りべ 越川禮子先生のご本を参考に描かせて頂いていますicon99

icon114感謝icon114

江崎真理子・FACE BOOK
  


Posted by てづくりや at 23:20Comments(0)江戸しぐさ絵本

2012年07月24日

「子育てしぐさ」より”十二文”~江戸しぐさ~

icon91主の代書が十二歳までにできるようにすることを”十二文”といいますicon63



注文書・請求書はもとより苦情処理書までicon59

まがりなりにも書けるようにしたそうです。

商家の主に、いつどんなことがあっても、

すぐに代行ができるように、準備を怠らなかったのですicon12

十二歳で主の代わりのできた江戸っ子…本当に驚きの「江戸しぐさ」ですicon12

icon99江戸しぐさ語りべ 越川禮子先生のご本を参考に描かせて頂いていますicon99

icon114感謝icon114

江崎真理子・FACE BOOK
  


Posted by てづくりや at 22:37Comments(0)江戸しぐさ絵本